自分で染める市販のヘアカラー。白髪、男女差、価格差。似合う色等、知っておくと便利!

 

こんにちは、きつねこです

 

きつねこは昔化粧品など美しさを販売する美容部員をやっていました。

 

その時にヘアカラーを販売するメーカーさんの講座を受けたんですね

 

今回はその知識を皆様にも役立てていただきたく記事を書いたよ^^。

 

 

 

 

f:id:wako-panda-tk8:20190109083108p:plain

 

 

その前に

 

美容院のメリット

 

価格が高いものの自分でやるより綺麗にムラなく仕上がります。

最近では安い美容院(10分カットとか)で市販のヘアカラー持ち込みで

安くなるよ、というところもありますね。

 

なぜムラになるとよくないかって見た目も影響が出るし

次回のヘアカラーが綺麗に入りにくい。

 

よって美容院のメリット

・髪にダメージを少なくできる。

・思った通りの色になる。

 

デメリット

・市販に比べて価格がすごく高い。

・時間がかかる。

 

市販品のメリット

・とにかく安い。

・簡単、早い。

 

デメリット

・ムラになりがち。

・箱に書いてあるとうりの色がでない。

・髪に負担がかかりやすい

 

でしょうか。

 

それを踏まえて、美容院ではなく私は市販で染めたい!

または知識を知りたいというあなたは続きをご覧くだい^^

 

また 換気やパッチテストはしっかりしてくださいね!

 

 

 

白髪を染めたいあなたには

 

普通のおしゃれ用のヘアカラーでは染まりませんので

必ず白髪染め対応のものを選びましょう。

箱に書いてあるからよく読んでね。

 

ヘアカラーには

くしを使うタイプと泡で染めるタイプがあるのですが

白髪って後ろの方自分で見えないですよね。

一人で染めるのって結構大変。

 

でも泡タイプならシャンプーするみたいにくしゅくしゅ揉み込んで

放置するだけで簡単です。

 

頭皮が弱い方は遠慮していただきたいのですが

すごく簡単で綺麗にできるので 泡タイプを使って欲しいです。

 

 

ヘアカラーの価格の差がある理由

 

ヘアカラーって300円台から2000円弱と幅がありますよね。

 

その差はズバリ美容成分、髪をいたわる成分の差だと思います。

高いヘアカラーはトリートメントが2個入っていたり、成分もしっかりしている。

 

髪を大事にする方は高めのヘアカラーを使ってみるといいですね。

それでも美容院よりはるかに安いですから。

 

 

きつねこはというと

社会人の今でこそ高いヘアカラーも使ったりしますが

学生の頃から染めていたのでとにかく安いヘアカラーを使っていました。

 

長い年月、使ううちにですね

私の太くて量の多い髪の毛が細く軽くなりました

 

またきつねこの学生時代お世話になった塾の先生が

昔はアフロにして髪も染めていたのに今では何もない。嘆いておりました。

原因の一つに、きっと髪をいじめすぎたのだと思います。

 

白髪染めは身だしなみですけど

必要のないヘアカラーはやめようと思いました。

 

でもきつねこは髪の太さと量に悩んでいたので

髪が細くなった今、髪質がちょうどよくなって満足しています(笑)

 

ちょっと話がそれましたが

白髪染めをする方は泡タイプがおすすめです。

 

髪を大事にしたい方は価格が高めのものを選ぶといいです。

 

ちょこっと根元を染めたい方用に

使った残りを次回までとっておけるヘアカラーも売っていますよ^^ 

 

 

 

 

男女のヘアカラーの差

 

ズバリ品質は同じです。

違うのは量だけです。(男性は少なめ)

 

えー!(◎_◎;)と思う方が多いと思いますが

 

昔は女性用の箱パッケージしかなくて男性が買いにくかったので、

男性の写真を使ったパッケージに変えただけです。

 

それだけで男性の購入率が上がったとか。

 

 

男性女性と中身の品質は変わりませんので、先ほどお伝えした通り

髪を大事にしたい方は女性用の高めのヘアカラーの購入をおすすめします。

 

量は男性用のヘアカラーより多いので全て使い切らなくていいですよ^^

 

レジに持って行く時は堂々と女性のパッケージを出しちゃってくださいね。 

 

 

髪を黒く染めたいあなたへ

 

就職活動や学生で髪が明るいから黒くしてきなさい!

と言われ困ったことありませんか?

 

黒染めと一言で言ってもいろいろあって

漆黒とかナチュラルブラックとかいろいろあります。

 

漆黒って本当に真っ黒すぎるのできつねこ的に不自然だなと思います。

ナチュラルブラックでも相当黒いのでこちらで十分かと思います。

 

また黒染めは普通のヘアカラーと違って、

次に髪を染めたいなと思っても他のヘアカラーが入りにくく

染まらない現象がおきます。

(半年以上黒い髪でいたい方は気にしなくて大丈夫です)

 

 

これもまたパッケージに書いてあります。

 

「次回のヘアカラーが入ります」もしくは「1週間黒染めタイプ」

 

これらが書いてあるものは髪を半年未満で染め直しても大丈夫!

ということですので安心してください。

 

 

アッシュカラー、グレーカラーなどにしたい人は

 

こちらは市販でも売っていますがパッケージどおりの色には

なりませんのでご注意ください。

 

あまりおすすめしませんが、もし市販で染めたい場合は

染める前にブリーチ剤を購入し髪の色素を抜く必要があります。

 

ただし1度のブリーチでは色も入りにくいですし

絶対と言ってもいいほどムラになります。

 

やってみてすごくムラが出て変な色になってから

美容院へ駆け込む人もよく聞きますので、最初から美容院がいいと思います。

 

 

自分にあったヘアカラーの色がわからない方は

 

眉毛の色にわせるのが無難です。

 

明るく染めたい方は眉が黒いと浮きますので

眉も染めるか女性の方は眉マスカラを使ってみてください^^

 

ちなみにドタッグストア等でよく見かける

ケイトの眉マスカラは肌につかず自然に眉毛だけ

色をつけることができ1000円程度で買えるのでおすすめですよ。

 

 

また顔の濃い方、小顔の方は暗め

顔が薄い方は明るめがいいともよく言われていますね。

 

その他どんな印象を持たれたいか?によっても変わってくると思います。

 

 

以上、市販のヘアカラーで髪を染める編でした。

この記事を見て市販のヘアカラーにチャレンジされる方

陰ながら応援しています ^^

 

購読ありがとうございました。